働いて学資を得るなら「新聞奨学会」

働きながら学資(奨学金)を得る方法として、もっともポピュラーなのが新聞奨学生制度だ。
新聞販売所で新聞配達をすることを条件に奨学金は貸与ではなく支給される。
また、希望すれば入学時などに学費を全額無利子で貸与してくれる。
奨学金とは別に毎月の給料やボーナスも出る。希望すれば、住み込みや朝夕の食事(格安)もOK。

★詳しくは「新聞奨学生通信」もご覧下さい。

これが新聞奨学会だ

仕事はハード
その分だけ高い評価をされるゾ

経済的なバックアップが大きい分、仕事はハードだ。朝は4時頃から7時頃まで、夕方は4時頃までに帰って来て夕刊配達。一般の学生に比べ自由時間はグッと少ないし、学業との両立もシンドイ。だからこそ4年間継続すれば、やり遂げたあとの達成感も大きいし、ひとまわり大きな人間に成長できる。
こうした頑張りが就職時に評価される可能性は大きい。

注意:実習が多いなど仕事との両立がむずかしい学部は応募を断られることもある。大手新聞社のほとんどで実施している。(詳細は各新聞社の奨学会へお問い合わせください)

新聞社: 朝日奨学会/ 産経新聞奨学会/ 東京新聞奨学会/ 日本経済新聞育英奨学会/ 毎日育英会/ 読売育英奨学会/など(アイウエオ順)
対象: 高校・大学・短大・高専・専修学校の学生
返済方法: 一定期間働いたあと支給される奨学金や給料などで返済するというシステム
仕事: 各奨学会によって異なる(例:朝刊・夕刊の配達、チラシ折り込み、受け持ち地区の集金)。配達だけのコース、配達・集金コースなどにも分かれている。
特典: 賞与(ボーナス)のほか、上京旅費の負担、特別奨学金など新聞社によってさまざまな特典がある。また、就職活動時、企業への推薦状を発行し就活をバックアップ。

奨学金・教育ローンについて

AD8,Inc. © All Rights Reserved.